コンテンツ

TOP>生花と造花

お部屋を彩ろうとして、花を置こうかとお考えの方も多いでしょう。
美しく見るものを魅了する花ですが、大きく生花と造花に分けることができます。
どちらをお部屋に置こうか迷っているという方もいるかもしれません。
ここでは、そんな方々のために生花と造花のメリット・デメリットを見ていきたいと思います。


生花と造花

生花の一番のメリットは、花本来の香りが楽しめるということでしょう。生花をお部屋に置くことで、花本来の香りが心を落ち着かせてくれます。また、花びらの質感や色の美しさ、形の美しさ、みずみずしい美しさは、生きている花にしか出せない美しさです。季節の花を置くことで季節感を演出できるというのもメリットです。デメリットに、お手入れが面倒ということが挙げられます。毎日の水やりは欠かせず、水やりを疎かにしていてはすぐに枯れてしまいます。繊細で傷つきやすいので、温度管理も慎重に行わなくてはなりません。また、その香りに引き寄せられて虫が集まることがあり、その虫にも神経を使われることもしばしばあります。

造花の最大のメリットは、丈夫で長持ちという点です。生花では面倒な水やりもする必要がなく、ほこりや直射日光に気をつければ、かなりの長い時間お部屋に飾ることができます。 また、種類が多いというのもメリットです。あなたの想像する花のほとんどが再現されていると言っても過言ではありません。生花にはその季節にしか手に入らないものがありますが、造花ならその心配をしなくて済みます。丈夫ということに関連して、生花では難しい複雑な形状のフラワーアレンジメントを楽しむこともできます。デメリットとして、生花の美しさに劣るということが挙げられます。最近の造花はクオリティが高くなっていますが、それでも生花の持つみずみずしさにはかないません。

以上が生花と造花のメリット・デメリットになります。当店は、高品質な造花を使用した個性的なアレンジメントを通販しております。お部屋の彩りに当店の造花はいかがですか?

ブログ

Facebook