コンテンツ

TOP>アートフラワーのお手入れ方法

お部屋を彩りたい・・・そうお考えならお部屋にアートフラワーを置いてみてはいかがでしょうか?
アートフラワーとは、布地を使った造花のことです。
花びら一枚一枚を手作りしているので、大変手の込んだ造花となります。
その美しさから、ギフトとしても大変喜ばれる品です。
ここでは、アートフラワーのお手入れ方法をお教えしたいと思います。


アートフラワーのお手入れ方法

アートフラワーの素材は大きく、ポリエステル系繊維、プラスチック系樹脂、染め花用布の3つに分けられます。

ポリエステル系繊維 発色が良く、表現力を高めるために他の繊維と合繊する場合も親和性が高いので、素材によく使用されます。 耐摩耗性、耐久性に優れているという特徴も持っています。 軽いほこりなどは鳥の毛でできた毛払いか柔らかい布で払うようにしてください。
汚れが目立つようなら、薄めた中性洗剤を湿らせて拭き取ります。 ニコチン、ヤニ、油などのしつこい汚れは、中性洗剤を少量溶かしたぬるま湯に数分間浸けた後、水洗いをします。 その後、日陰干しをすることで本来の表情を取り戻してくれます。
プラスチック系樹脂 プラスチック系樹脂アートフラワーは、主にカラーや胡蝶蘭の花びら、葉肉植物などの肉厚感を出すために使用されています。 ポリエステル系繊維と同じように水洗いすることができるのですが、シンナーなどの溶剤を含んだ布で拭くと素材自体が変色することがあるので、 注意しなければなりません。
また、熱にも弱いので、ストープなどの熱を発する物の付近には置かないようにしてください。
染め花用布 染め花用布のアートフラワーは、水洗いすることができません。 その理由は2つあります。
ひとつは、布全体に糊をかけているから。もうひとつは、水溶性の染料が使われているからです。
水洗いすることはできないのですが、コーティングスプレーを使用することで汚れを防止することができます。 このコーティングスプレーは、ポリエステル系繊維のアートフラワーにも効果がありますよ。

当店は、作品によって一部ドライフラワーを利用しています。水がかかると土台のスポンジが吸収し、型くずれの原因となる場合があるので注意してください。以上がアートフラワーのお手入れ方法になります。まめにお手入れをして、その美しさを長く楽しんでくださいね。

ブログ

Facebook