コンテンツ

TOP>フラワーアレンジの効果

◆ フラワーアレンジは、多数のイベントに利用できる万能で素敵な贈り物の一つです。 ◆
また、フラワーアレンジは贈るだけの役目だけではありません。
他にも様々な事に役立っているので是非ご紹介いたします。


フラワーアレンジの効果

フラワーアレンジを作る際、花の配置を考えたり、組み合わせを考えたりと、たくさんのアイデアが必要になります。その効果を活かし現在では、製作を通して、認知機能の維持や改善のためのリハビリとして、多くのお年寄りにも利用されています。
また、障害を持った方にも、情操を豊かにする目的で実際に多くの方に使用されているのです。そして、フラワーアレンジには脳や、発想力だけではなく、心の癒しとしてもとても注目をされています。花には癒し効果があるといわれていますが、ではなぜ癒し効果があるのでしょうか?
それは、花の色・香り・形状によるものだとされています。私たちは常に色に囲まれて生活をしています。色は、人を暖かく感じさせたり、冷たく感じさせたりと、人間の心理に大きく関わっているのです。


・・・赤色は大脳を刺激する働きを持っており、血行促進や食欲増進などの効果が期待できます。朝一番に目にする場所、例えば洗面台などに置くことで、その日一日積極的に行動できるようになるでしょう。

ピンク・・・ピンク色は幸福や優しさをイメージさせてくれます。一輪さえあれば、失敗して落ち込んだ時などに励ましてくれますよ。中間色なので飾る場所を選びませんが、他の色のお花と一緒に飾ることをおすすめします。

・・・青色は理性を象徴する色です。大きな鎮静効果を持っており、高ぶった神経を抑えてくれたり、自律神経のバランスを整えてくれます。 寝室に青色のお花を置くことで安眠効果が期待できますよ。なかなか寝付けないという方は寝室に青色のお花を飾ってみてはいかがでしょうか?

・・・黄色は自律神経を刺激し、胃腸の働きを活性化させる働きを持っています。希望や賑やかさを感じさせる色なので、不安や孤独感を感じているという方におすすめです。

・・・白色のお花は新しいことを始めたいときや落ち着きたい時に取り入れると効果的です。血圧を安定させる効果もあるので、体調の良くない時に飾ってもいいですね。また、食欲をおさえる効果も持っているので、痩せたいという方は白色のお花を飾るといいでしょう。

・・・紫色は青色と同じように高ぶった神経を抑えてくれる働きを持っています。とは言え、赤色と青色からなる色なので、バランスを考えて選ぶことが大切です。


このように、色によって心理状態などを落ち着かせる効果があるのです。
花の香りもそうです。例えば代表的なのが、薔薇・・薔薇には香りがあります。人は、香りを嗅ぐだけで嗅覚を刺激し、心の癒し効果に繋がるといわれています。それらの香りの効果を利用した健康法が、代表的なアロマテラピーですね。また花の形も、見てるだけで生命力を感じられ、シルエットを眺めているだけでも癒し効果になります。

このようにフラワーアレンジには、人間に最も大切な癒し効果をもたらしてくれるとても素敵な物なのです。プレゼント用だけではなく、その日のその時の心理状態に合わせてお部屋に飾ればもっと素敵な日々を送れるのではないでしょうか。

ブログ

Facebook